ロン文

【桜の感動】100日後に死ぬワニ、いきものががりとコラボ映画化も

こんにちは、もう何日生きたか忘れたロンローです。

今回は100日後に死ぬワニについて書いて行きます。

100日後に死ぬワニとは

100日後に死ぬワニってご存知でしょうか

2019年12月12日から昨日2020年
3月20日まで毎日1話ずつにまとめられた
4コマ漫画
になっていて

毎日カウントダウン式
死まで迫って行きます

しかし間違っても怖いものではありません。(少し目を通した限り)

作者は:きくちゆうき さん

きくちゆうきさん は
1986年生東京まれ33歳で、
漫画家イラストレータです

きくちゆうきさん の経歴
13歳
親が離婚して母側につきます。

16歳
定時制の工芸高校インテリア科に入学します。

20歳
幼稚園時代の方からの友人を事故で失ってしまいます

この失った友人は幼稚園時代
ドラゴンボールごっこをしていたときの
悟空役だったとか、

またプリクラを取る仲間だったそうです。

落ち込んでかなり泣いたそうですが、
自分に何か出来ないかと思いまた
絵を書き始めました

27歳
lineスタンプを作成販売を個人でできるようになって

その後デザインのフェスティバル
(デザインフェス)に参加したりグッズを
販売したりして今に至ります

100日後に死ぬワニは普段は
4コマ漫画で1つの画面に収まる話になっていましたが、

昨日(2020/03/20)最後の4コマ漫画は3っつの
4コマ漫画と最後は大きな1つの絵で終わっています。

?はてワニは本当に死んでしまったのでしょうか

Twitter(一部YouTube)の反応

これは100日後に死ぬワニと”
いきものががり”のコラボ作品
です。

まともに読んでなく内容を把握してない
自分も癒やされたのでぜひどうぞ。

https://twitter.com/xavier_TV0804/status/1240957917416673280?s=19

 

どうやったら救えるんでしょうか?
お花見に行かなかったらとか、(ーー;)
(イヤそれは不味いですね)

仲間ですね。投稿主もきくちゆうきさん
のイラストの特徴が好きです。

https://twitter.com/su_san16jp/status/1240958526224121856?s=19

昨日までは元気で病気でもなんでも
なかったのに…突然ってことは
悲しいですがあり得ます。

どうか時間を無駄にせず、周りに声をかけましょう。

https://twitter.com/kimuti_X/status/1240986493130174464?s=19

なんと映画化なんてもあります
⇒100日後に死ぬワニ映画化

どうか映画化したらワニくんが
実は死んでなかったとかでお願いします。

まとめ(感想)

投稿主はあまり読んでいませんが、
Twitterでのいいねの数が200万を
超えていてリツイートも70万回を超えている

くらい話題になっています。
さっそくスタンプになっています。

https://twitter.com/yuukikikuchi/status/1225011208597565441?s=19

命は一瞬で消えてしまいます。
しかもいつ死ぬか分かりません、
しかしそれに怯えず、進んでいきましょう。

生きてるならまだ
やることがあります。

肉体は消耗品なので大事にしながら、
使い倒していつか…定めの日に。

個人的な意見

きくちゆうき さん
イラストレータの方なので

もしかとすると…もしかしたら、
きくちさんもアマビエを描いて
そうな気
がしますね。

下のは投稿主が先日描いたアマビエです

良かったらこの記事もどうぞ
【アマビエでコロナを防ぐ】
疫病が流行したときの救世主アマビエとは

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
M.O
こんにちは、こんばんは おはようございます。 当ブログGalaxy scale pythons(星々の白蛇伝) 代表 M.Oと申します ※M.Oはイニシャルです。 当ブログでは、主に蛇等爬虫類と虫 をキャラクターにした物語 トレンドや話題の内容、 ランナー向けのトレーニング の三種類を扱っています。 物語の内容 物語はオレンジ色のラインが2本入った "ターボ=レンジ(エヌスク)"と 純白の白蛇 エブリン=アスマーとその仲間が いくつもの星を旅して強くなり成長していく、 SFだけど魔力が存在する神話 になっています。 (詳細は記事または、僕にお尋ねください。) 物語の原案 原案は2017年6月17日の朝に見た夢で、 そこから構想すること2~3年 ようやく頭の中でまとまってきたところです 飼育はしていません 蛇好きですが、蛇も蟲も今現在飼育していませんため、 全くの知識皆無ではないもののあまり 詳しいことは分かりかねます。 ブログ内では、一部の コンテンツを除き多くの記事で 破壊神龍ロンローと そのビジネスパートナー である創造神リー=ハイシャン が案内人をしています。 (アイコンの緑の龍がロンローでその 前に立っている女神がリー=ハイシャンです)