ロン文

完璧主義の人をやめて、悪い習慣を克服して結果を出す方法その1

こんにちは昔々完璧主義だった龍ロンローです。

今回から完璧主義の人をやめて、
悪い習慣を克服して結果を出す結果を出す方法
ついて

何回かに分けて書いていきたい
と思います。

(5分弱くらいで読めます)

完璧に全力でしているのに…

なんでも完璧に全力でやったからといっても
結果がついてくるわけではなく

むしろ疲れたり、寝不足で
パフォーマンスが悪くなってしまったり

全力で完璧主義の思考でやったがために
かえって時間かかってしまったなぁ
ってことないですか?

例えば…

  1. 毎日毎日頑張って仕事している勉強
    しているけれどなかなか
    成績や良い評価が得られない。
  2. トレーニングにかなり時間大して、
    試合や大会で結果が得られなかった
  3. またはゴリ押しで時間をかけて
    多少は改善したもののかなり
    長い時間を費やしてしまったとか

などなどです。

そんな方は多分完璧主義で、
それが原因でうまく行っていないのかも
知れません

うまくこなしているならここで
少し力を抜いているのでしょう。

しかし間違っても
完璧主義は悪いことではありません

完璧主義であることのメリット

.仕事や勉強、トレーニングができている感覚を感じられる

.完璧にやり切ることで、達成感が大きい

.頑張る気向上心を感じられる

.完璧にやり切るためミスがなくなる

.全て終わらしたときの充実間を感じられる

などなどあります。

もちろん完璧はいいことですが、
それはときとして弊害になります。

毎日トレーニングをすると決めて膝が痛い
状態でも休めずに今までのようにトレーニングしても、

凄まじい眠さを感じながら
終わらせるまで寝ないと決めたから仕事をする

こんなことしたらうまくいくわけがありません、さ
らに怪我の期間が長引くことになり

また、眠いなか仕事していたために
重要な項目をすっぽかしてしまったり…

完璧主義思考だとそれが原因で自分を
攻めて苦しくなるのかも知れません、

過度の完璧主義思考は本来するべき
作業を邪魔します

休めばいいのに、毎日トレーニングする
と言ったから辞められず

寝て起きてからの方がパフォーマンスが
良いのがほぼ確実なのに終わらすまで寝ない

これって性格でしょうか?いえ習慣や思い込みです
そういう完璧にこなす完璧主義の習慣、思い込みです

でもその習慣と思い込みさえ治れば
に変えられます。

完璧主義の人質の特徴

完璧主義と、なんでも物事を
うまくこなす最善主義の人とでは
当然考え方が異なります次から見ていってみましょう。

No.1

完璧主義の人は
頑張ることを素晴らしいと思っている

うまくこなす人は
結果が出ることが大切だと考えている

1年半〜2年前の話YouTubeに投稿主は
動画を投稿していました、
正直当時かなり頑張っていたように感じます

が2~3月にわたって200本程度動画を
作成してもチャンネル登録者はわずか35人程度

再生時間は、動画作成に毎日費やした
時間(おおよそ4時間)よりもはるかに
短く再生回数は1桁とか10回程度のものばかり

たまに、100回再生されるコンテンツも
あるもののYouTubeで利益化が必要とされる、

4000回以上の再生回数とフォロワー
1000人には全く到達出来ませんでした。

頑張って毎日投稿してもそうなってしまいます

一方でうまくこなす人は少ない労力で
結果を出せるように考え方の工夫をしています、

頑張らないで結果が出たら最高ではないでしょうか

しかし頑張り過ぎるといつしか、結果を出すこと
ではなくて頑張ることに集中してしまって、

効率よくより少ない労力で結果を出す
方法を時間的にも精神的にも考えられなく
なってしまいやすい
でしょう。

もし頑張ることが、
素晴らしい目的だと感じているなら
まず一旦落ち着いて

最小限の時間でうまく行く結果が
出る方法を考えてみましょう。

少し抵抗があるかも知れませんが、
うまくこなす相手と一緒に仕事するのも効率的です。

No.2

完璧主義の人は
制限なしにどこまでも頑張る

うまくこなす人は
制限時間を設定する

パーキンソンの法則というのをご存知でしょうか、

これは1958年にイギリスの、
歴史学と政治学者である⇒パーキンソンさん
(シリル・ノースコート・パーキンソン)が
提唱した法則で

2つ有名なものがあります

1“仕事の量は完成のために、与えられた時間を全て満たすまで拡大する

2“支出の額は、収入の額に達するまで膨張する”

2番目の方は一回放置、
置いておきます。

1番目の法則で行くと完璧主義の人は
制限なしに与えられた時間全て
を満たすまで、どこまでも頑張ってしまいます。

結果何が起こるかというと単位時間あたりで考えると、
うまくこなす人よりもダラダラとしてしまいます
ダラダラと作業をこなすと生産性が低くなります

分かりやすく例えると…
100mのダッシュとフルマラソン、

同じスピードで走れるでしょうか?
これはどう頑張っても無理です

この100m走とマラソンの場合使っている
筋肉の違いになってしまいますが、

何はともあれ長時間行うので
生産性(ここではスピード)が落ちます

もし今完璧主義で長時間制限なし
に頑張っているなら

制限時間を設けてみましょう。
仕事の効率が上がっているのが
実感できるかと思います

まとめ(感想)

一回長くなってしまったので今回はここで切ります

制限時間だいたい70分と
設けていた結果
です。

これもストーリーと同じく何回か
に分けて書いて行った方がいいですかねー

Galaxy scale pythonsストーリーの内容ともくじ いつも読んでいただきありがとうございます。 「はぁロンローって誰だよお前ら」って思われるでしょう なので後で簡単に自...

今完璧主義な人は、

1.最小限の時間で結果が出る方法を
“いろんな視点”から考えてみましょう

2.うまくこなす人と一緒に仕事してみましょう

3.作業する時間の宣言を設けてみましょう。

あなたがもっと効率的スムーズに
目標に進んで行けますように

ここまで読んでいただきありがとうございます。

続きの記事です↓

完璧主義の人をやめて、悪い習慣を克服して結果を出す方法その2 完璧主義の人をやめて、 悪い習慣を克服して結果を出す結果を出す方法 ついて 何回かに分けて書いていきたいと思います。 ...
ABOUT ME
M.O
こんにちは、こんばんは おはようございます。 当ブログGalaxy scale pythons(星々の白蛇伝) 代表 M.Oと申します ※M.Oはイニシャルです。 当ブログでは、主に蛇等爬虫類と虫 をキャラクターにした物語 トレンドや話題の内容、 ランナー向けのトレーニング の三種類を扱っています。 物語の内容 物語はオレンジ色のラインが2本入った "ターボ=レンジ(エヌスク)"と 純白の白蛇 エブリン=アスマーとその仲間が いくつもの星を旅して強くなり成長していく、 SFだけど魔力が存在する神話 になっています。 (詳細は記事または、僕にお尋ねください。) 物語の原案 原案は2017年6月17日の朝に見た夢で、 そこから構想すること2~3年 ようやく頭の中でまとまってきたところです 飼育はしていません 蛇好きですが、蛇も蟲も今現在飼育していませんため、 全くの知識皆無ではないもののあまり 詳しいことは分かりかねます。 ブログ内では、一部の コンテンツを除き多くの記事で 破壊神龍ロンローと そのビジネスパートナー である創造神リー=ハイシャン が案内人をしています。 (アイコンの緑の龍がロンローでその 前に立っている女神がリー=ハイシャンです)