ロン文

犬用のマスクは危険、人間と他の動物の違いを考えて出直してこい

こんにちは今新型コロナウイルスが流行っているせいで職場ではマスク着用が義務になり、通勤中通学中で通りすがりの人はほとんどマスクをつけているかと思われます。

がマスクをするのが人間だけではいよいよなくなってきました。

今回は、売れ筋ランキング上位になっていた犬用マスクについて書いていきたいと思います。

犬用のマスクの何が問題あるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

犬と人間の違い遠考える

この犬用のマスクは果動株式会社(Bell Life)の犬用のマスクになります。

一見問題ないようにも感じられますが、犬に人間のようにマスクをつけさせるのが問題があるようです。

人間やウマ(一部有蹄類)は大量に汗をかくことが出来て熱くなった体を冷やすことが出来ます、

投稿主も今の時期ランニングをしたら大量に汗をかきますね

競走馬の場合は個体差あれども一回のレースで10リットルもの汗をかくとも言われ人間よりも優れた冷却能力を持っています

一方で犬の場合は同じ哺乳類ではあるものの、そうはいきません、

舌を出して「ハッハッハッハッ」としているのをみたことがあると思います。実はそれが犬とにとっての熱くなった体を冷やす方法で 汗をかくことができるのは肉球の裏のみ

それだけではほとんど熱くなった体を冷やすことは出来ません。

なので犬用のマスクを犬とにしてしまうとは人間や馬ででいう汗をかけない状態にしてしまうこととほぼ同じだと言えます。

車でいうならばラジエーターが機能していない状態でしょう ラジエーターがなかったらエンジンはオーバーヒートしやがて焼きごげてしまいます。

感想(まとめ)

人間と似たような動物もいてこのようなマスクをつけても問題ない種もいるでしょう。

個人的に人間や競走馬ならつけても肺活量上がりそうだしいいかと感じました

しかし犬のように体温調節を口周りで行なっている動物にマスクをつけるのは難しいかと思います。

それにマスクをつけているからといって防げるものはないのは日々増加していく感染者を見て確認できます。

正直皆コロナで頭が可笑しくなっているように感じるため早くワクチンが開発されるのを祈ります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

参照ページ
https://tr.twipple.jp/p/f7/75bf82.html

ABOUT ME
M.O
こんにちは、こんばんは おはようございます。 当ブログGalaxy scale pythons(星々の白蛇伝) 代表 M.Oと申します ※M.Oはイニシャルです。 当ブログでは、主に蛇等爬虫類と虫 をキャラクターにした物語 トレンドや話題の内容、 ランナー向けのトレーニング の三種類を扱っています。 物語の内容 物語はオレンジ色のラインが2本入った "ターボ=レンジ(エヌスク)"と 純白の白蛇 エブリン=アスマーとその仲間が いくつもの星を旅して強くなり成長していく、 SFだけど魔力が存在する神話 になっています。 (詳細は記事または、僕にお尋ねください。) 物語の原案 原案は2017年6月17日の朝に見た夢で、 そこから構想すること2~3年 ようやく頭の中でまとまってきたところです 飼育はしていません 蛇好きですが、蛇も蟲も今現在飼育していませんため、 全くの知識皆無ではないもののあまり 詳しいことは分かりかねます。 ブログ内では、一部の コンテンツを除き多くの記事で 破壊神龍ロンローと そのビジネスパートナー である創造神リー=ハイシャン が案内人をしています。 (アイコンの緑の龍がロンローでその 前に立っている女神がリー=ハイシャンです)