ロン文

【一晩中充電は危険】ついついしてるスマホの危険な使い方7つまとめ

あなたは1日にどれくらいスマホを使いますか?
投稿主は、少なく見積もっても5時間以上はありますかね

今日は、スマートフォン
の使い方で注意すべき危ない行為に
ついて7つ書いて行きたい
と思います

1.充電しながらの電話。

充電しながらスマホをいじること自体
バッテリーを劣化させるためあまり
いいことではありませんが、

そんな状況で通話をするのはさらに危険です。

インドで18歳の女性が充電しながらスマホで
電話をしていてスマホが手の中で爆発。
その後死亡してしまいます

しっかりと充電した状態で
電話できるようにしておきましょう。

2.直射日光

野外で暑い中長時間活動すると
熱をうまく逃がすことができなくて
熱中症になります、

スマホの場合も同じく
は直射日光に長時間当てるのは危険です、

例えば車のダッシュボード部分や
直射日光が反射しているビーチの上
など

またこのような場所で充電すると
爆発する可能性があります。

3.充電中にスマホが高温になる

なかなか直射日光が当たる中
長時間いじる可能性は低いかも知れません。

しかし、そうでなくても充電中スマホ
本体が高温になっていたこ
とってないでしょうか?

そのような状態では一度充電を
中断した方がいい
かも知れません。

直接的な身体的負傷はないにしても、
あなたの大切なスマホ内にある
データが”おじゃん”になってしまいます

基本スマホは限界を超えたら爆発するようですね

4.お風呂や浴槽に浸かりながら使う

今やスマホは、手から話せない
存在になっていますが、お風呂の間
くらいは外でおいて置きましょう。

確かにスマホの表面は汚いそうなので
一緒に洗いたい気持ちも分かります。

しかし、うっかり手が滑って浴槽
にスマホが落ちてしまうと
感電する可能性があります


オーストラリアで、入浴していた女性が、
スマホで感電してその後死亡
する自体になったことがあります。

5.スマホを一晩中充電

今日1日使ったスマホを、夜寝る前
に充電器に差し込み、朝起きて
フルチャージ100%になっている

とこのような充電は過充電になるため
ケーブルやスマホに負担がかかります

例えるならもう満腹なのにまだ
食べようとしている状態です、
残念ながらまだスマホは”満腹”になっても
自分で充電ケーブルを外すことは出来ません。

また、枕元での充電も避けましょう。
充電ケーブルかもしくはスマホから
火災になる可能性があります

6.バッテリーを落とす、衝撃を加える

スマホ本体がデリケートというよりも
バッテリーがデリケートなのかも知れません

イスタンブールの空港で荷物の
セキュリティチェックを受けていた
男性が大容量バッテリーを地面に落としてしまい爆発。

当たりは1時、騒然としたでしょうが
バッテリをうっかり落としてしまった
人がどうなったのか少し不安です。

また中国のとある電気屋さんで
iPhoneを購入した男性は何を思ったのか
バッテリーを かじって爆発する
ようなこともあったこともあったそうです。

7.バッテリーの寿命

だいたいスマホの寿命は2~3年
長くても4年それ以上は
バッテリーが劣化して来るため

仮に綺麗に使えていても
バッテリーは取り替えるべきでしょう。

物理的に危険にはならないものの古い
スマホやパソコンではアプリケーション
やソフトが最新版に対応出来ない可能性があるので、

バッテリに問題がなくても購入して
数年も経って不具合がどうにもなら

なかったら買い替え時でしょう

まとめ(感想)

スマホやタブレットの大きさの大部分はバッテリです。
例えば下の画像は投稿主が使っている旧スマホ

大部分がバッテリーなのがお分かりいただけるかと思います
今まだ使えていますが旧スマホは購入後3年になっているため

フル充電はせずに、もちろん直射日光にあてずに
丁重に扱っています。

しかし時期にアプリが最新版に
更新出来なくなって来るため
新しいものに変えます

最後まで読んでいただきありがとうございます。

参照文献
⇒【スマホから出火?!】電子機器の
事故を引き起こす13のNG行動

ABOUT ME
M.O
こんにちは、こんばんは おはようございます。 当ブログGalaxy scale pythons(星々の白蛇伝) 代表 M.Oと申します ※M.Oはイニシャルです。 当ブログでは、主に蛇等爬虫類と虫 をキャラクターにした物語 トレンドや話題の内容、 ランナー向けのトレーニング の三種類を扱っています。 物語の内容 物語はオレンジ色のラインが2本入った "ターボ=レンジ(エヌスク)"と 純白の白蛇 エブリン=アスマーとその仲間が いくつもの星を旅して強くなり成長していく、 SFだけど魔力が存在する神話 になっています。 (詳細は記事または、僕にお尋ねください。) 物語の原案 原案は2017年6月17日の朝に見た夢で、 そこから構想すること2~3年 ようやく頭の中でまとまってきたところです 飼育はしていません 蛇好きですが、蛇も蟲も今現在飼育していませんため、 全くの知識皆無ではないもののあまり 詳しいことは分かりかねます。 ブログ内では、一部の コンテンツを除き多くの記事で 破壊神龍ロンローと そのビジネスパートナー である創造神リー=ハイシャン が案内人をしています。 (アイコンの緑の龍がロンローでその 前に立っている女神がリー=ハイシャンです)