説明文

今書いているか今後しっかり書く予定の物語と干支の十二支の話の解説

こんにちはロンローです。
リー=ハイシャンです。

今回は干支について書いた後に

Galaxy scale pythons(星々の白蛇伝)
Amebas legal(単細胞の裁き)

Luna Disturber Shark
(破壊神の姫)※和名は仮名
そしてBest hoof※仮名

4つについて解説しておこうと思います。
上から順番に主人公は、蛇、単細胞生物の
アメーバ、シュモクザメ、馬となっています

動物ばかりですね単細胞生物もいます、
なので十二種類もの動物が登場する干支について
書いて行きます

ニンゲンを主人公にしたのってないの?
あぁーないな今のところは

干支(えと ガァンシィ)とは


干支は古代中国中国を起源とする、
時間や方角の数え方でその単位
になっています

甲乙丙丁戊己庚辛壬癸の十干(ジュッカン)

子(し=ネズミ)・丑(ちゅう=ウシ)
・寅(いん=トラ)・卯(ぼう=ウサギ)
・辰(しん=タツ;ドラゴン)・巳(し=ヘビ)
・午(ご=馬)・未(び=羊)・申(しん=サル)
・酉(ゆう=鶏)・戌(じゅつ)・亥(がい)

この十二支(ジュウニシ)を
組み合わせた60パターンで時間や方角をあらわしています。

丑三つ時ってきいたことないですか、
あれも時間を表してます
あれ?干支って言ったら十二種類の動物じゃないの?
あぁそれは地球人の大和の国
ジャパンではそうらしいかな、

あれ正確には十二支なんだぁ。ちなみにジャパン
に干支が伝わったのは西暦6世紀中ごろだ。

十二支誕生の話

これは福島県の話だったとされていて、後に全国に広まったとされています

そして、全世界、全銀河、全次元
全宇宙へと広まっていくでしょう

本当の、十二支誕生を
読みたい方は
⇒こちらからどうぞ

昔々、多分数億年前の話でしょう

地球ではカンブリア紀になりますかね、
なので、地球でやったらアノマロカリス年、ハルキゲニア年
とかになってしまうので地球ではないでしょう。

あと数日で新年になる年の暮れにある神様、
が動物たちを呼び出して元旦(一月一日)
に挨拶に来るように命じます。

神様は始めに挨拶に来た動物から十二番目まで
の動物順番に1年間の間
その年の支配権が与えるとのことでした

動物たちは、絶対支配権を手にすると気分が
ハイになって新年が来るのを待っていました。

しかし、ネコは神様にいつ挨拶に行くのか
忘れてしまいました、

ネコさんは周りからメモを取るように言われただろうなぁ
確かにねメモって大切だもんね

一見やさしそうに見えるネズミが
猫にわざと一日遅い日にち(1月2日)
だとネコに言い、ネコは喜んでかえって行きました。

さて新年のカウントダウン
5.4.3.2.1.ハッピーニューイヤー元旦になりました。

歩くのが遅い牛は牛のロゴが入った
高級車ラン〇ルギーニにトラン〇フォーム..
と言いたいところですがそんなことはできません。

まだ真っ暗、暗いうちから歩いて神様に挨拶に
行くことにしました、牛の家の天井から
ネズミが下りてきてウシの背中に乗ります

多分ネズミさんは
ミッション〇ンポッシブルのトムクルーズのように

ワイヤーで降りてきてウシの背中にライドオン。
乗ってしまったのでしょう

そして、牛が神様がいる神殿に到着する
とまだ誰も来ていません、しかし

ネズミが牛から飛び降り、ちょろっと走って
ネズミが一番になってしまい牛は二番

ここに出てくるネズミ最低ね
たしかに、

それからトラ、ウサギ、龍(ドラゴン)、
ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ
イノシシの順番でやってきました

そしてそれから、一日経った1月2日
にネコが挨拶に着ましたがもう
年の支配権を与えられませんでした。

ネコがネズミを追いかけまわすようになったのは、
この恨みからという説もあります。

と干支の説明はこんな感じです。

Galaxy scale pythons(星々の白蛇伝)


このストーリーは、爬虫類が銀河規模の文明を築いている。
ミルキーウェイを舞台にした物語

オレンジ色のラインが2本入った
白蛇ターボ=レンジ(エヌスク)と途中から
登場するエブリン=アスマーの冒険記になっています。

エブリンってあれでしょ手榴弾ちゃん
あぁーまぁそう手榴弾をパイナップルっていう子

ターボ=レンジ(エヌスク)彼は、
作中出てくる天然のサイボーグになってから
ミルキーウェイの最高責任神、
通称 帝(ミカド)の声が聞こえます。

※天然のサイボーグはガソリンや
電力が必要な妖怪です、

なぜターボには帝(ミカド)声が聴こえるのかは…
かなり後半まで一部の方以外企業秘密です。

また後半ほどターボ=レンジではなく
エヌスクと呼ばれる機会が増えて来ます。

エブリンは、彼女が卵から孵った日に
ミルキーウェイの上界で某有名の破壊神の
噂があったそうで、彼女もそれに導かれてますが、

声が聞こえてないのでターボ(エヌスク)に比べる
とその力が弱いかも知れません。

このストーリーのメインになる主人公は
ターボことエヌスクそしてエブリン=アスマーですが、
それ以外でも暗黙の了解で、数匹の”主人公”がいます。

「声が聴こえる方へ進もう。はるか星の道巡り合う。

いつか訪れるサダメの日まで、

トグロは巻かないさー…

生かされた意味は選ばれた証

星空の中からOnly you

燃やせ、進めよサダメの前に

今この時を..」

あっこれは(多分)
Galaxy scale pythonsのオープニングのサビかな

Amebas legal(単細胞の裁き)


これは単細胞生物が文明を持った星
惑星ニックでの物語になり、クリーム色をした
アメーバのビニシ♀が主人公です。

初めは彼女が、リーガルマスター(いわゆる弁護士)
になるために、勉強とトレーニングをしていき

その後弁護をしていき、無実の罪で訴えられ
ている単細胞生物たちの無罪を証明していきます。

最終的に惑星ニックのリーガル(法)まで
いじれる立場に…なるかはわかりません。

Galaxy scale pythonsに比べ
物語が1つの星で収まるので、
比較的地球人(人間)の今の状態に近い
環境かもしれません。

単細胞生物だと言う点以外は…
単細胞の物語なんて、
地球人知らないでしょ。


また彼女がリーガルマスターになれたのは
ゾウリムシのラスファーの支えが多いので

彼がいないと、正義感強い変な
アメーバ♀で終わっていたでしょう。

Luna Disturber Shark(破壊神の姫)


水の星の海の中での物語です。
ある日サメの国ジャクサ国姫
シュモクザメの、ルナ=ルエスティー

城を勝手に抜け出したはいいものの、
海面の方を泳いでいたときに、
ニンゲンに捕獲されてしまいました。

このニンゲンは便宜上地球人ではありませーん
ややこしいから考えなくていいんじゃないの?

船にあげられたルナ姫、サメなのでえら呼吸ができなくて
はだんだん意識が遠のいていき…

気がいたときには、大きな
水槽の中にいました。水族館
です。

水槽の存在はジャクサ国王ライジング王から、
ニンゲンという邪悪な陸上動物が魚を
入れる大きな箱と聞いたことがあったので、

すぐ彼女はこれが水槽だと気が付きました。

しかし納得している場合はありません
どうにかして帰らないと、今頃ジャクサ国は大騒ぎ。

夜になり水族館からニンゲンはいなく
なりました閉館の時間です。

ルナ=ルエスティーは悲しく、
自分が城から勝手に抜け出したこと
を後悔していました。

しかし、悔やんでも彼女は囚われの身
仮に抜け出したとしても水がないので、
死んでしまうのはすぐ察しがつきます。

水槽にかすかに月の光が差し込んでいて、
悔み泣きつかれた彼女は

死去した母(王妃)から昔歌っていた
歌を思い出し唄ってみました

これ実はおまじないの歌なんだぁ
それって破壊神とかが歌う
終焉の唄じゃないの
あぁメテオビート?こと
うーんそうかなまぁでも惑星1つ
滅ぶくらいだから、大したことないよ

唄ってみた結果当然水槽の中から出れない
ことにはすぐには変わりなかったものの…

ルナは何かが動いた気がししました
それは月でしたあとから気がついたことですが、

彼女のまじない歌で動いたのはなんと
“月”、自転と公転起動が乱れたようです。

ちなみにその頃既に、ジャクサ国では
姫を何とか連れ戻そうと国中で騒ぎになっています。

亡くなったジャクサ国王妃は
シュモクザメでルナ(姫)の母ですが
父はジャクサ国王ライジングではありません。

彼女の本当の父は破壊神です。
誰でしょうねー。
ロンロー顔に出てるよ

Best hoof

これは、まだイラストが用意できていません。

何らかの要因でニンゲンから馬に
なってしまった4頭(♂♀2頭ずつ)、
が馬として生きて行く話です。

最終的にニンゲンに戻る方法も分かるかもれませんが
それは企業秘密です。

元ニンゲンの4頭の馬の紹介

ニンジンを丸かじりとお馬鹿なことを
して馬になった“ジョーグ”

馬になって楽しかったようで
高速道路走ってしまった奴です。

 

元々乗馬クラブに通い、ニンゲンではなくある
雄馬に惚れてしまった娘、ある日馬小屋で寝て
しまって起きたら馬だった“レイリ”


“エレ=スーディン”
は馬刺しを食べたら
馬になってしまうと思い込んでいた娘、
友達と飲み会でうっかり馬刺しを食べて
しまったことに気がつくもすでに手遅れ。

自身の思い込みによって本当に
黒毛の馬になってしまいました。

 

最後は馬成峠という夜間に通ったら
馬になるという心霊スポットに生半可の遊び
半分で行って行方不明になり、

数日後馬として発見された
“インター=バル”

エレちゃん思い込みでって…何者なの?
いやまぁどこの次元(世界)にもいるって、
さっきのルナ=ルエスティーだって、
月動かしちゃったんだし…

このストーリーはペガサスと
ユニコーンが存在する世界で、

普通の馬がちょっとした
トレーニングでそれらになる
ことができます。

なのでペガサスによる空中競馬だったり、
ユニコーンの場合はこのストーリー中の
“ニンゲン”と話たり、

さらに別の地域にいる馬と遠隔
でコミュニケーション出来ます

Galaxy scale pythonsでいう神蟲がペガサスかな
?蛇さん達神蟲になれたっけ?
いや無理無理

またこの世界の競馬は馬版の陸上競技場
に近い形になっているので、♂♀混合のレースは通常ありません
(陸上だとリレーであったくらいです)

まとめ(感想)

今回上で上げた物語は
現在投稿主が、作成中もしくは
将来書こうとしているものです。

他にも、猫を主人公にした話も考案中ですが、
まだ設定が定まっていないので今回は紹介しません。

新型コロナウイルスの影響で外出が
困難なら、家で少し筋トレをしながら

何か物語(ストーリー)、小説を書いて
みるのも楽しいかも
知れません。

そして誰かの作品と、コラボさせたいと考えています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
M.O
こんにちは、こんばんは おはようございます。 当ブログGalaxy scale pythons(星々の白蛇伝) 代表 M.Oと申します ※M.Oはイニシャルです。 当ブログでは、主に蛇等爬虫類と虫 をキャラクターにした物語 トレンドや話題の内容、 ランナー向けのトレーニング の三種類を扱っています。 物語の内容 物語はオレンジ色のラインが2本入った "ターボ=レンジ(エヌスク)"と 純白の白蛇 エブリン=アスマーとその仲間が いくつもの星を旅して強くなり成長していく、 SFだけど魔力が存在する神話 になっています。 (詳細は記事または、僕にお尋ねください。) 物語の原案 原案は2017年6月17日の朝に見た夢で、 そこから構想すること2~3年 ようやく頭の中でまとまってきたところです 飼育はしていません 蛇好きですが、蛇も蟲も今現在飼育していませんため、 全くの知識皆無ではないもののあまり 詳しいことは分かりかねます。 ブログ内では、一部の コンテンツを除き多くの記事で 破壊神龍ロンローと そのビジネスパートナー である創造神リー=ハイシャン が案内人をしています。 (アイコンの緑の龍がロンローでその 前に立っている女神がリー=ハイシャンです)