上界神の

ロンロー教の文明の定義を下界生物と上界神の両方の視点から解説

こんにちは、ロンローHEROS最神(CEG)ロンローです。

鳥の一種カラスが道具を使うようになったと
聞いて、暇だったので

地球まで今さっきカラス
を覗きに行ってました。

今回は簡単に文明について
トカゲ型神ブッガさんが運営するミルキーウェイの
株主ロンローが紹介します

※最神は社長のようなもの、銀河は上界神的に土地です)

文明とは

(下界=上界からしたらバーチャル空間)の生物、
下界生物が作り出した、”社会”
のことです

また”文明がある”とは

  1. 道具を使いつくることができ、
  2. ある一定以上の大きさのコロニーを持ち
  3. そのコロニーのメンバーは“共通の言葉
    ”やジェスチャー等で意思のやりとりができ、
  4. それを記号(文字や数字等)や
    絵画像として長期間保存できる
そんな状態のことをいいます

また一定の大きさのコロニー
各銀河によって基準異なっていますが…
ブッガさんの運営する銀河ミルキーウェイでは、

個体数20以上でコロニーの大きさは
個体の平均体長の30倍以上の直径
とされています。

上界神からすると文明によって道具を使うことで、
星々の土地に変化が起きてそこに
広告が貼ることで得れるれる広告収入が入ります

上界神からしたら”下界生物の
バーチャルに”相当するのが下界ですから

がこの広告下界生物や後で紹介する下界神は、
下界にいるためその広告は確認することが出来ません

文明生物になれるもの

多くの場合は高等生物でなければこの文明がある状態
にはならないように感じますが

僕自身ミミズに文明を与えれた銀河の
最神をしていたことがあります
し、
ハエに与えてみた等はよく聞きます

(そのミミズの銀河は2億年前くらいに騙されて
買収されてしまいましたけど)

…他には単細胞生物、アメーバやユーグレナ
が文明与えて築いたという銀河が…
アオジュールだったかな?

また今ロンローHEROSでは、
完全な植物に文明を与える
実験を行ってます。

多くの神々が植物は動物みたいに
動くところまでは持って行けてます。
が文明はまだ例がありません。

一種文明と多種文明

銀河ミルキーウェイでの話
地球人のように
個体差はあっても一種のみで反映した文明を一種文明


ウィンガルーダ星の大型鳥類爬虫類のように
数種類の生物が支え合って
反映したものを多種文明
と言います

多種文明の方が普通発展が早いです

銀河の悪魔とヴェルフェゴイドは一見一種に
感じられますが

闇落ち(ダークサイドに落ちた)
爬虫類:アオリディアン
とは共生しているため多種文明とも考えられます。

シンギラリティーや戦争疫病の危機のとき

文明がある一定以上になると
彼らは計算や科学や魔力(=高次元化学)
を発達させます。

さらにそこからコンピュータを作り
知能を機械で作り出した場合、
“シンギラリティー”に達する可能性があり、

機械の知能と文明生物の立場が入れ
替わってしまい文明生物のペット化
するリスクがあります

また、戦争が起こって潰滅的な被害
が起きるかも知れませんし
疫病で全滅もあり得ます

このようになったら、冷静に上界神は文明を
築いた下界生物を監視
して

場合によっては星の崩壊を
避けるため文明や星そのものを
滅ぼす場合もあります。

しかし監視しているのはなかなか大変です、
大きな銀河大きなカンパニーほど
下界にある文明は多くなります。

そこで下界に、
“生まれながらの下界神”を
数多く設けることが有効
です。

下界神は生まれながら下界神なものと、
下界生物が覚醒してなるものの
大きく2タイプ存在していています

このうち生まれながらの下界神は、
ある程度自由にしつつもいざとなったら、

下界生物をコントロールすることが
でできるため、文明を持った下界生物の暴走を
防ぐことができます。

また種類によっては全自動で下界に
文明を一定割合で与える
ことができたりするものも存在します。


ミルキーウェイでいくと、
神蟲(カミムシ;Server bug)
がそれに相当し

ロンローHEROSでは、
“ハイエンドルフィン”というイルカの姿をした
”生まれながらの下界神”を設けています。

神蟲(Server bug)の性能と能力 若干サーバー説明 今回は作中かなり重要になって 来る 神蟲(サーバーバグ)について コンピュータのサーバーを用いながら説明 ...

下界神の覚醒した下界生物の危険性

下界生物から覚醒して下界神になったもの
少し厄介な場合があります、

元の種族が温和で助け合い殺しや
盗みなどは滅多にない、
あっても敵討ちや刑としてなら

あまり問題ありませんし、

むしろ銀河の下界がよく栄えていると
判断されてカンパニーとしての
評価アップが期待できます。

逆に、土地を荒らし、汚し他の種族を
むやみやたら殺し同種でも気に
食わないと盗んだり殺し、が日常的

自分や自分のコミュニティー
以外は知ったこちゃねえょ

というような者の場合、

は、先ほど説明した”生まれながらの下界神”でも
制御不能になる場合があるため上界神が直接
その下界神を退治したり、文明を滅ぼしたり

更に最悪やむ負えない場合、
凶悪な下界神のいる星ごと破壊
してしまうなどの処置が必要になる
場合があるので、

下界神に覚醒した下界生物は注意が必要です。

ミルキーウェイだとヴェルフェゴイドが
結構それで危ないことになっています

まとめ(感想)

はい簡単に文明とはどんなものかをまとめてみました。

  1. 下界が栄えると上界は広告収入が入る。
  2. 1種類だけで栄えたものが1種文明、
    何種かが共存しているのが多種文明
  3. 文明を持った下界生物監視のために
    ”生まれつきの下界神”を設けるとい
  4. 普通の下界生物から覚醒して
    下界神になった者は注意が要ることがある。
そういえば地球人が下界神になったって
一回も聞いたことなかったんですよね。

これは直接先ほどミルキーウェイ
最神(CEG)”ブッガ”さんとお話ししてみた結果

どうも、地球人は下界神に覚醒できないような
習性をしているからとのことでした

その習性のせいで地球人って先ほど
説明した下界神である神蟲を、
見ると発狂してしまうとのことです。

さてとカラスも見れたし帰りますかぁ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
M.O
こんにちは、こんばんは おはようございます。 当ブログGalaxy scale pythons(星々の白蛇伝) 代表 M.Oと申します ※M.Oはイニシャルです。 当ブログでは、主に蛇等爬虫類と虫 をキャラクターにした物語 トレンドや話題の内容、 ランナー向けのトレーニング の三種類を扱っています。 物語の内容 物語はオレンジ色のラインが2本入った "ターボ=レンジ(エヌスク)"と 純白の白蛇 エブリン=アスマーとその仲間が いくつもの星を旅して強くなり成長していく、 SFだけど魔力が存在する神話 になっています。 (詳細は記事または、僕にお尋ねください。) 物語の原案 原案は2017年6月17日の朝に見た夢で、 そこから構想すること2~3年 ようやく頭の中でまとまってきたところです 飼育はしていません 蛇好きですが、蛇も蟲も今現在飼育していませんため、 全くの知識皆無ではないもののあまり 詳しいことは分かりかねます。 ブログ内では、一部の コンテンツを除き多くの記事で 破壊神龍ロンローと そのビジネスパートナー である創造神リー=ハイシャン が案内人をしています。 (アイコンの緑の龍がロンローでその 前に立っている女神がリー=ハイシャンです)