ロン文

炭治郎やクリリン、アニメのキャラクターを蛇化してみた

こんにちは、当ブログの管理人です。

当ブログで書いている物語Galaxy scale python(星々の白蛇伝)はキャラクターが5割〜8割蛇ということもあってキャラクターとして蛇を時々描いているので

アニメのキャラクターを蛇化ってあまりないなぁと思い蛇化してみることにしました。

今回は蛇化させたアニメのキャラクターを少ないながら、6つ紹介します

まだ数が少ないため一つのページにまとめていますが、数が多くになったらページを分けます。

ドラゴンボールシリーズ


クリリン

クリリンは普段あんまり描かないコブラにしてみました。色付け前は思ったよりもクールビューティーになりそうだったので

18号に変更しようと思ったものの流石に不味いと思いクリリンのまま続行しました。それ以上に亀ではなく蛇に漢字を変えるべきだったかもしれないですね(;’∀’)

魔人ブウ(純粋)

普段よく見かける魔神ブウ(善)ではなく魔神ブゥ(純粋)の方を描いてみました。

魔神ブウ以前に描いた蛇はあまり物を身ににつけているものは描いていなかったように感じますが服装?も思ったよりもバランスよく仕上がりました。

 

セル(完全体)

2年前の2月に描いた最も古い蛇化のイラストです、頭ののとがった形を意識して描いたように思いますが

まだまだ(もちろん今もですが)クオリティーは完全体ではなかったときのものです。

NARUTOシリーズ

はたけカカシ(先生)

カカシ先生は、フォロワーさんからリクエストを受けて描いたものになります。顔をマスクで覆っていることが多いカカシ先生はコロナ禍の今を何も不自由なくやっていけるでしょう。

しかし顔をどう描こうかけっこう迷いました、

見えにくいですがあなた(読者)から見て右目を一応写輪眼にしています。

鬼滅の刃シリーズ

竈門炭次郎(カマドヤタンジロウ)

炭次郎は頭の傷があるため色使いで困ったものの全体的に安定したデザインになったように感じます。

1番、目の部分を意識して描いたつもりです。

竈門屋禰豆子(カマドヤネズコ)

禰豆子は、加えている竹に次いで個人的に第二のトレードマークになっていると感じたピンク色の着物に放射状?のデザインと間にある帯を意識して描きました。

頭の方はあんまり肌色にしてしまうと蛇っぽくなくなってしまうため全体的にピンクなデザインに仕上げました

※失敗作

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの リンク

服装や目の色は比較的いい感じに仕上がったものの、頭がまるでドラゴンのようになってしまい髪の毛もちょっと…イマイチ

ある意味”竜頭蛇尾”な蛇化になってしまいました。

失敗の原因は。。。色付けと蛇の形を描く作業を同時にしてしまったからかと思ってます。

まだ数が少ないものの随時キャラクターを蛇化して行こうかと思っています。

また蛇化の依頼があったら承ります

Twitterのコメント欄もしくはDM

YouTubeの動画投稿のコメント欄

G-mail:0.055ton@gmail.comのいずれかからご連絡下さい。

※Twitterが最も早く対応できます

 

まとめ

地球人の暦で2046年。銀河の悪魔とも称されるヴェルフェゴイドによって、地球人の多くが本能的に嫌う蛇へと姿を変えられてしまう地球人蛇化計画が立てられた

が、数十億もの地球人を蛇化するのは困難なため100体前後被験体として実験的に地球人を蛇化させることにした…

なんて感じの設定設けてようと思ったんですが、ストーリー的に矛盾がありそうなのでしません。

作中にヴェルフェゴイドによる地球人蛇化計画は出て来ます

Galaxy scale pythons(星々の白蛇伝)は、主人公のオレンジ色のラインが2本入った白蛇
ターボ=レンジ【エヌスク】と第四話以降登場する真っ白な白蛇のヒロイン、エブリン=アスマーやその他爬虫類、仲間と星々を旅して

帝(ミカド)と呼ばれる銀河系ミルキーウェイの長の神に会いに行く物語になっています。

※エヌスクがカカロットだとしたら、ターボ=レンジは孫悟空なような感じなので、同一の蛇です

帝(ミカド)が偉い神様なのはお分かり頂けるかと思いますが、会ってどうなるのか?よりもターボ=レンジ【エヌスク】は時々帝の声が聴こえるためその存在が気になるから、会いに行こうとします

エブリンは、いろんな星々旅して多くの場所に友達を作りたいのとヤマドナツ星の神社の巫女を継ぎたくなく彼女自身が了解した上で、さらわれています。

ここでは書ききれないため詳しくは下の合わせて読みたいからどうぞ。
Galaxy scale pythons(星々の白蛇伝)初心者向けガイド 今日は創造神のリーハイシャンはお休みなので僕がソロで解説、案内していきます。 ストーリーの舞台になっているのは、天...
Galaxy scale pythonsストーリーのもくじ いつも読んでいただきありがとうございます。 「はぁロンローって誰だよお前ら」って思われるでしょう なので簡単に自己紹...

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
M.O
こんにちは、こんばんは おはようございます。 当ブログGalaxy scale pythons(星々の白蛇伝) 代表 M.Oと申します ※M.Oはイニシャルです。 当ブログでは、主に蛇等爬虫類と虫 をキャラクターにした物語 トレンドや話題の内容、 ランナー向けのトレーニング の三種類を扱っています。 物語の内容 物語はオレンジ色のラインが2本入った "ターボ=レンジ(エヌスク)"と 純白の白蛇 エブリン=アスマーとその仲間が いくつもの星を旅して強くなり成長していく、 SFだけど魔力が存在する神話 になっています。 (詳細は記事または、僕にお尋ねください。) 物語の原案 原案は2017年6月17日の朝に見た夢で、 そこから構想すること2~3年 ようやく頭の中でまとまってきたところです 飼育はしていません 蛇好きですが、蛇も蟲も今現在飼育していませんため、 全くの知識皆無ではないもののあまり 詳しいことは分かりかねます。 ブログ内では、一部の コンテンツを除き多くの記事で 破壊神龍ロンローと そのビジネスパートナー である創造神リー=ハイシャン が案内人をしています。 (アイコンの緑の龍がロンローでその 前に立っている女神がリー=ハイシャンです)