ストーリー

ヤマドナツ編第八話エラーあるサーバーの幼虫と子白蛇の誤解

前回の内容はこちら

ターボ(エヌスク)ノートルが心を開いてくれたのと、エブリンの件を祝って。ホテルで
1番高いガソリンを魔力サイボーグ3匹で飲もうとしたが却下。

それから、エブリンをどうやってさらうのかの話になった、しかしこのままでは犯罪だ。
いくらターボ(エヌスク)天の声 帝(ミカド)がどんなに偉い神だとしてもルール違反になる。

ターボはそもそも罪になるなんてあまり考えていない、どうやってエブリン
巫女になるのを阻止し、いろんな星に行きたいという願いを叶えられる考ている。

ノートルエブリンが本当に帝(ミカド)求めている娘なのか微かに疑問に思いそれで、
ターボ(エヌスク)と口論になって離れてしまった。食事と飲みかけのガソリンだけが残る、

ノートルはここヤマドナツ星の生まれなので彼にいろいろ案内してほしい、と思っていたがこのザマじゃ難しい。 

ヤマドナツ編第七話苦い夜のガソリン、攫われなかった娘の涙これはseason246年(地球人の暦で2046年)巫女を継ぎたくなく、エヌスクに彼女が望んで誘拐されていく小さな白蛇の話。 ...

それから数時間経ちもう早朝4時だアスマー神社に、ヴェルフェゴイドのボーマン
が忍びこみエブリンの両親をさらって行った。

テイラーは代々受け継いで来た巫女の女が鳥居の向こうに行くタブーを間接的に破ってしてしまったことに酷い自己嫌悪になっただろう。しばらくして起きたエブリンは、エヌスクが両親をさらったと思った。

1 2
ABOUT ME
M.O
こんにちは、こんばんは おはようございます。 当ブログGalaxy scale pythons(星々の白蛇伝) 代表 M.Oと申します ※M.Oはイニシャルです。 当ブログでは、主に蛇等爬虫類と虫 をキャラクターにした物語 トレンドや話題の内容、 ランナー向けのトレーニング の三種類を扱っています。 物語の内容 物語はオレンジ色のラインが2本入った "ターボ=レンジ(エヌスク)"と 純白の白蛇 エブリン=アスマーとその仲間が いくつもの星を旅して強くなり成長していく、 SFだけど魔力が存在する神話 になっています。 (詳細は記事または、僕にお尋ねください。) 物語の原案 原案は2017年6月17日の朝に見た夢で、 そこから構想すること2~3年 ようやく頭の中でまとまってきたところです 飼育はしていません 蛇好きですが、蛇も蟲も今現在飼育していませんため、 全くの知識皆無ではないもののあまり 詳しいことは分かりかねます。 ブログ内では、一部の コンテンツを除き多くの記事で 破壊神龍ロンローと そのビジネスパートナー である創造神リー=ハイシャン が案内人をしています。 (アイコンの緑の龍がロンローでその 前に立っている女神がリー=ハイシャンです)