未分類

作者のロンローこと磨玖=オザルカルの「現実」の生活環境

こんにちは
Galaxy scale pythons
作者の ロンローこと
磨玖(マーク)=オザルカルです。あっこれ実名です。

今日は、普段の僕の「現実(リアル)」
生活環境を紹介していきます。

リアル(現実)での内容になるため、
ターボ=レンジを主人公と
するGalaxy scale pythons(星々の白蛇伝)
ストーリーとはかけ離れているものに
なるので、興味がない方はスルー
して下さい。

では、意識を空想世界から現実にダウンロードするのでしばし
お待ち下さい…

Now loading…

Now loading…..

磨玖(マーク)
磨玖(マーク)
では、いきましょう。

徳島県 鳴門市 鳴門駅〜散歩

ここは徳島県鳴門市 僕の地元です
東京や大阪 名古屋 神戸などなど、
都会に住んでいる方からしたらありえない
景色かも知れません
が、これが僕の家から最寄りの

鳴門駅です。
駅前には、ドラッグストア(ドラッグストア モリ)
や居酒屋(魚民 uotami)あと、
僕がバイトをしている
スーパー(キョーエイ)が付近にあります。

またこの鳴門駅ののすぐそばにひらがなで
“ふろいでー”という足湯のコーナーがあります。
確か1年くらい前からあります
自分は使った経験がありません。
ではここから少し移動します。

妙見山(Mt.Myoken)

向こうの方の山に天守閣がある山が見えるでしょうか?
あの山は 妙見山(Mt.Myoken)です

磨玖(マーク)
磨玖(マーク)
すみません、天守閣の画像がみずらかったと思います。
こちらにどうぞ。

多分普通にネットで検索すると、
兵庫と大阪 京都にまたがる山が
出てきますがそれとは別物です。

でこの徳島県鳴門市の妙見山の標高は61.6m
と下から登って行っても
歩いて10分あれば登れてしまう程度ですが、
自転車やバイクで勢いよく坂道を滑降すると、
気圧の差を若干感じられます。

天守閣の方は“撫養城(Muya castle)”です。
現在の天守閣は昭和40年でしたっけ?
1965年…東京オリンピックの翌年に
再建されたものになっています。
かつてこの城を所有していた大名
として蜂須賀氏が有名です。

では次にいきましょう。

小鳴門橋と高速道路の高架下


これは高速道路の高架下付近で、
個人的に近場で最も好きな景色です
少し見ずらいですが隣に見えている橋は、
小鳴門橋(konaruto bridge)
小鳴門橋は1961年に完成ですが、
一方淡路島を結ぶ大鳴門橋は
1985年に完成しています。

なので鳴門市と隣の淡路島を
結んでいる吊り橋の
大鳴門橋(Oonaruto bridge)
よりも歴史があります。

磨玖(マーク)
磨玖(マーク)
あっもうこんな時間になってきました
そろそろジムに向かいます

大塚スポーツパーク
アミノバリューホール


はいアミノバリューホールにやってきました

ここは僕が高校時代から通っているジムがあります。

いやー高校時代に普通に部活入れば良かったんですが…
なんか厳しい練習とかが嫌に思えて、
自分なりにトレーニングしたいなぁーと
思ってたどり着いたのがここ アミノバリューホールでした。
距離としては通っていた高校から約2km程度のところ
にあるため、高校の授業が終わったら、
急いで自転車漕いで向かったりしてました。

磨玖(マーク)
磨玖(マーク)
でも、まぁこういう高校時代も悪くなかったですねー

今日のトレーニング

レッグプレス
(足で蹴り上げて持ち上げるマシーン)
130kgを10回×3セット
トレッドミル(ランニングマシーン)
16km/h(3:45/km)で4.33km
以上

最近トレーニングをサボっていまっていて
体がナマってしまっているように感じました。
今日は個人的には”リハビリ的”な感覚で、
あまり強い負荷をかけませんでした。
レッグプレスに関しては、
最大で170kgと自分の体重の3倍程の重さ
を持ち上げたことがありますが
なまった状態でいきなり動かして
肉離れなんて起こしたら大変なので
今回は130kgで勘弁して下さい

射場接骨院

さぁて僕は精密機器(笑)
なので激しい負担をかけたあと
メンテナンスが必要ですそこで
トレーニングあとに
こちらの射場接骨院に向かいます。

この射場接骨院 実は僕の中学時代の友達の父が経営
していて、その関係もあって
僕にとってはアットホームに近いような場所です

磨玖(マーク)
磨玖(マーク)
今日はリラックスしすぎて
電気当てられている時に、寝てしまいました。

作者の現実での生活 まとめ

はい、普段こんな場所で生活しています
電車とかバスは、1時間に1本が当たり前です。

最寄りコンビニまでは…数百メートル
もう少し遠くまで行ったら、
れんこん畑 や サツマイモ畑
が広がっているところがあります。

しかしの環境が僕にとっては普通で、
9年ほど生活してきてあまり
不便だと感じたことはありません

ゆったりとした時間が
何年も変わらずに流れています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
M.O
こんにちは、こんばんは おはようございます。 当ブログGalaxy scale pythons(星々の白蛇伝) 代表 M.Oと申します ※M.Oはイニシャルです。 当ブログでは、主に蛇等爬虫類と虫 をキャラクターにした物語 トレンドや話題の内容、 ランナー向けのトレーニング の三種類を扱っています。 物語の内容 物語はオレンジ色のラインが2本入った "ターボ=レンジ(エヌスク)"と 純白の白蛇 エブリン=アスマーとその仲間が いくつもの星を旅して強くなり成長していく、 SFだけど魔力が存在する神話 になっています。 (詳細は記事または、僕にお尋ねください。) 物語の原案 原案は2017年6月17日の朝に見た夢で、 そこから構想すること2~3年 ようやく頭の中でまとまってきたところです 飼育はしていません 蛇好きですが、蛇も蟲も今現在飼育していませんため、 全くの知識皆無ではないもののあまり 詳しいことは分かりかねます。 ブログ内では、一部の コンテンツを除き多くの記事で 破壊神龍ロンローと そのビジネスパートナー である創造神リー=ハイシャン が案内人をしています。 (アイコンの緑の龍がロンローでその 前に立っている女神がリー=ハイシャンです)