ストーリー

ウィンガルーダ編第十一話連絡ない悪魔の恨みとワルの覚悟

前回の内容はこちら
ウィンガルーダ編第十話恐怖心の克服、さらば親父よ

シアルジードのアジトのある
イングボー国シャラマー渓谷(NS30)から飛んだ宇宙船、
はまず同じくウィンガルーダ星内にある
エーバスヤ帝国ファニーの魔法薬工房の側に向った。

ファニーマックスは、ここから乗せてきた。
初めエヌスク(ターボ)アクトロシー
誘って連れて行く前から、ウィンガルーダ星にいる
ウィッチのファニーに会おうとしていたのだ。

ファニーの魔法薬工房前にて


(Car身の蛇 スポーツカーの基本能力)
ターボ=レンジ(エヌスク)…♂

ごめん、僕の親の挨拶だけで、2匹の今日の予定丸つぶししてしまった

(Car身の蛇 トレーラーの基本能力)
アクトロシー…♀

そうねぇ、ファニーちゃん涼しい時間になってから店開ける予定だったし、私達が連れてったからマックスくんサメになっちゃったし本当ごめんなさい。

申し訳なさそうにファニーと桶に入った
マックス(サメ化体)に謝った、

ここエーバスヤ帝国ファニーの魔法薬工房周辺は砂漠だ、
昼間凄く暑くなるため、昼間だけ店を閉めておく予定だった
ファニーからしたら大迷惑、魔法薬は売れなかったし
魔力爆弾を何十発も使ってしまっている。店としては大損害だ…が

(Car身の蛇 ドラッグカーの基本能力)
ファニー…♀

んなことなかったよ。
シアルジードさんとフィットネさんって
本当にテロリストと怪盗なのかわかんなくなっちゃった。
優しい蛇(ヒト)だったから。

(ヘンゲリストの蛇DNA魔力エラー)
マックス(サメ化体)…♂

  だな、俺も怖がっていたシアルジード..さん怖くなくなったぜ…
でもフィットネさん俺に怪盗にならないかって誘ってきたから、
反社会的な?なのは間違いないんじゃないか?

アクトロシー…♀

反社会的ってだけで中身を決めつけちゃだめね。
事情があってしてるんでしょう。

ターボ=レンジ(エヌスク)…♂

確かにどんなワルだろうと僕の家族
わけだし…もしなんか、問題あったらサースペンド
星ラチーク王国国家ぐるみだって
ことにしちゃえば..犯罪には

ターボ(エヌスク)ゲス顔アクトロシー
言った、さすがは悪名高いシアルジード息子だ。
そんな彼を見て、アクトロシー
空吹かしをしながら怒り顔笑っていた。

マックス(サメ化体)…♂

  ファニーもういい加減俺蛇に戻ってみていいか?

(Car身の蛇 ドラッグカーの基本能力)
ファニー…♀

ダメ、まだ神蟲(サーバーバグ)に診てもらってない
じゃない、本当に蛇に戻る気ある

マックス(サメ化体)…♂

チッィー、しばらくファニー
ペットってか…ターボいやエヌスク、ありがとう。
もし「王室のペットだ」って嘘ついて
くれてなかったら今頃俺皆に喰われてた。

ターボ=レンジ(エヌスク)…♂

あぁーあれか。いいやぁ、
なんとなくマックスサメに
化けた姿に似てたから。
んじゃ
姉貴僕らも自分の星に帰ろ。

アクトロシー…♀

えぇ。…あれ?ウェアラブルが鳴ってる
アクトロシー(姫)ウェアラブルがなっていたのは重大なことだった、

エヌスクがなんとなく予測していたように
サースペンド星.ラチーク王室
使用蛇(ニン)エイセーブ裏切って
監獄惑星 カアティー向っていた。

そのことの連絡が彼女の
義理の父(テロス王)から来ていた。

しかし彼女が気がついたのは
宇宙船に乗ってウェアラブルを確認してからのことになる。

ターボ(エヌスク)アクトロシー
見送る、ファニーマックス(サメ化体)
見ながら、サースペンド星ラチーク王国へと飛んだ。

サースペンド星に向かう船内


(Car身の蛇 スポーツカーの基本能力)
ターボ=レンジ(エヌスク)…♂

あっ…うわぁー忘れてたぁ、ファニーと本当だったらウィンガルーダ星名物の大型鳥類に乗って空飛ぶ予定だったのにぃー。

(Car身の蛇 トレーラーの基本能力)
アクトロシー…♀

仕方ないわ、ターボ
お父さん達に会う方を選んだでしょ?
まだあなたには私をエスコート
出来そうになかった
みたいねぇー。

ターボ=レンジ(エヌスク)…♂

あっじゃぁ僕が船操縦する!ハイパードライブだけだから!。

アクトロシー…♀

ダーメ。ターボの本名はエヌスクでしょ
宇宙船のライセンスには、エヌスクって書いてないから
本当の名前を大事にしなさい
エヌスク

ターボ=レンジ(エヌスク)…♂

姉貴にエヌスクって呼ばれたら
しっくりこないなぁ。…父さん大丈夫かなぁ
凄く不安になってきた。

(Car身の蛇 トレーラーの基本能力)
アクトロシー…♀

大丈夫でしょ、多分捕まらないわ。
殺した輩の名前聞いた限り
極悪なヤツばっかりだったから
許可とってないからテロリストって呼ばれてるみたい。

(Car身の蛇 スポーツカーの基本能力)
ターボ=レンジ(エヌスク)…♂

知らないうちに話してたんだぁーなら、
その極悪なヤツが父さんに恨みがあるんだ
さっき言ってたヴェルフェゴイドの
マスターレバー
だ。死んじゃうかも知れない。

ターボ(エヌスク)
目がウルウルとしてきて、ついには泣き出した
マスターレバーの争攻力は700万PS
圧倒的な、暗殺力を持つ神の蛇
シアルジードを持ってしても375万PS

攻めて来たら十分殺される可能性がある、
しかしアクトロシーターボ(エヌスク)
とっては少し冷たかった。

アクトロシー…♀

はぁあ。みっともないー。
もし億万が一それが本当だったとしても殺されるかも
知れないジードさんは泣いてなかったのに、泣いちゃうんだぁ。

ターボ=レンジ(エヌスク)…♂

あぁー泣いちゃう。でも…堂々とだぁ!
姉貴ぃ宇宙船オートパイロットにして、さっき
ウェアラブルに入ってきた着信確認したら?
嫌な予感しかないんだ!

アクトロシー…♀

ターボ変よ。さっきからエイセーブさんから
連絡がないっていうだけで彼が
マスターレバーをどうにかしに行ったって
本気で思ってるの?

アクトロシー(姫)は渋々
オートパイロットに切り替えて、ウェアラブルを確認した、
すると彼女の目を疑う内容が
義理の父(テロス王)から入ってきていた

信用していたサースペンド星ラチーク王国
王室使用蛇
(ニン)エイセーブが裏切って、
監獄惑星 カアティーに向ったというものだった。
いよいよ彼女も正気を保てなくなってきた。

 

その頃 監獄惑星 カアティー
エイセーブは到着した。 ヤツの目的は
エヌスクの父シアルジード殺害だ、
この星にいる マスターレバーを開放し

ウィンガルーダ星のイングボー国
シャラマー渓谷(NS30)
にいるそいつを朝早くに殺す気だ。

監獄惑星 カアティーにて


ヴェルフェゴイドに味方する
爬虫類(アオリード族)エイセーブ大笑いしていた、
もう時期自分が憎んでいた相手 シアルジード
死ぬのだから舞い上がっている。

(Car身の蛇 高級セダンの基本能力)
エイセーブ…♂(心の声)

俺はあいつを倒したくて、倒したくて今までずっとラチーク王国の使用蛇(ニン)をやってきたぁ。今がその時だ… 殺す

カッコつけているエイセーブだが肝心な
ヴェルフェゴイドのマスターレバーの牢
惑星 カアティーのどこだか分からなかった

(ダサいなぁ)

が、マスターレバーの方から
ウェアラブルに連絡が入ってきた。

※通信中…

(ヴェルフェゴイド レベル38)
マスターレバー…♂

よぅエイセーブお前なら来るだろうと思っていた、

エイセーブ…♂

もちろんですとも、
私の一族はシアルジードに殺されたのですからあなたと同じです。
…さぁヤツを殺しに行きましょう。

※通信中…

マスターレバー…♂

まぁそう焦るな、今から俺の牢の
場所をお前のウェアラブルに送る

40分後に看守が来るからそれまでに来い

エイセーブ…♂

先ほど、私が送信したシアルジードのアジトの住所は正確でしたでしょうか..。

※通信中…

マスターレバー…♂

正確じゃなかったらお前に連絡などしないはずだ。
1回切るぞ、あまり長い通信は出来ん

通信終了。

エイセーブの家族はどうやらかつて
シアルジードに皆殺しにされてしまったようだ

あくまで予測だがそれはきっとエイセーブ
今のターボ(エヌスク)同じくらいの頃の話だったのだろう。
今までシアルジードを殺したい一心で、
ヴェルフェゴイドに味方するアオリード族に入信して、
ある程度の権力者になったのだろうか?

マスターレバー
ヴェルフェゴイドの中ではかなり大きな存在だ。
そんなヤツから信用されるので権力があるに違いない。

マスターレバーから送られて来た
位置情報を確認したら牢まで約25km程だった
距離的にはCar身の蛇なので40分
で到達することは、容易だ
った。

マスターレバーが囚われていた牢付近

(Car身の蛇 高級セダンの基本能力)
エイセーブ…♂

マスターレバー様!

(ヴェルフェゴイド レベル38)
マスターレバー…♂

よしエイセーブ逃走すっぞ!!船は?すぐそばか?

エイセーブ…♂

それなのですが、派手に近づくと看守にバレると思いまして、
宇宙船は25km程離れた場所にございます。

マスターレバー…♂

ははっつ25kmってか!そうか、まぁ仕方ない
その代わりお前がそこまでレッカーしてくれ。

エイセーブ…♂

かしこまりました。恐れいたします…

エイセーブマスターレバー
恐る恐るレッカーした物音を立てないように、

Car身の蛇等バーンを扱う爬虫類は他の個体
1匹はレッカーする能力がある。レッカーしたら
スピードの上がりは悪くなるが..

シアルジードはアジト
すでにこのことを悟っていた

ウィンガルーダ星イングボー国シャラマー渓谷(NS30)
からマスターレバーの行動は見えている
ようなものだった。

家族との時間や、行っていることを忘れ、仕事(テロ)に時間を費やしてきた雄蛇(オトコ)には、それが見えたのだろう。

エヌスクに前回自爆テロの技を
教えたのはそのためだ
。今夜
最後の夜になってしまうかも知れないヴェーゼフィットネ
タイミングを見て話すに違いない。

To be continue.

ABOUT ME
M.O
こんにちは、こんばんは おはようございます。 当ブログGalaxy scale pythons(星々の白蛇伝) 代表 M.Oと申します ※M.Oはイニシャルです。 当ブログでは、主に蛇等爬虫類と虫 をキャラクターにした物語 トレンドや話題の内容、 ランナー向けのトレーニング の三種類を扱っています。 物語の内容 物語はオレンジ色のラインが2本入った "ターボ=レンジ(エヌスク)"と 純白の白蛇 エブリン=アスマーとその仲間が いくつもの星を旅して強くなり成長していく、 SFだけど魔力が存在する神話 になっています。 (詳細は記事または、僕にお尋ねください。) 物語の原案 原案は2017年6月17日の朝に見た夢で、 そこから構想すること2~3年 ようやく頭の中でまとまってきたところです 飼育はしていません 蛇好きですが、蛇も蟲も今現在飼育していませんため、 全くの知識皆無ではないもののあまり 詳しいことは分かりかねます。 ブログ内では、一部の コンテンツを除き多くの記事で 破壊神龍ロンローと そのビジネスパートナー である創造神リー=ハイシャン が案内人をしています。 (アイコンの緑の龍がロンローでその 前に立っている女神がリー=ハイシャンです)